トップへ戻る

第4回(2018年度)

受賞作品一覧

大賞

大賞

大塚 香さん (51歳/福岡県)

お父さん、6月13日のレシート捨てれないの。
だってこの日は、入院の知らせがあった日で
お父さんの体調も知らず呑気に夕飯の買い物をした最後の日だから。
私 このレシートの時間に戻りたい。
そしたら子供達と一緒に飛行機に飛び乗って会いに行けるもの。
この時は、お父さん生きていたでしょ。
十日で逝ってしまうなんて思わなかった。

このレシート捨てれない
お父さんの時間と私の人生の重なった部分への切符みたいで。
会いたいよ。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

佳作

佳作 【齋藤 孝賞】

【齋藤 孝賞】 岩瀬芳郎さん (77歳/愛知県)

父は小さな工場を営んでいた。
相撲が好きで夜になると止まった機械の横に土俵を作りぶつかり稽古。
まるで足に根の生えたような父には誰一人勝てる者はいなかった。
中学を卒業する頃やっとまわしに手が届き手ごたえを感じるようになって来た。
そしてとうとう父に勝った。
父の顔を見ると……言葉が出なかった。
嬉しさよりも私は胸が痛くなる寂しさを感じた。
夢の中でもいいです。
父さん、もう一度相撲を取ってください。

父は小さな工場を営んでいた。 相撲が好きで夜になると止まった機械の横に土俵を作りぶつかり稽古。 まるで足に根が生えたような父には誰一人勝てる者はいなかった。 中学を卒業する頃やっとまわしに手が届き手ごたえを感じるようになって来た。 そしてとうとう父に勝った。 父の顔を見ると……言葉が出なかった。 嬉しさよりも私は胸が痛くなる寂しさを感じた。 夢の中でもいいです。 父さん、もう一度相撲を取ってください。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

父は小さな工場を営んでいた。 相撲が好きで夜になると止まった機械の横に土俵を作りぶつかり稽古。 まるで足に根が生えたような父には誰一人勝てる者はいなかった。 中学を卒業する頃やっとまわしに手が届き手ごたえを感じるようになって来た。 そしてとうとう父に勝った。 父の顔を見ると……言葉が出なかった。 嬉しさよりも私は胸が痛くなる寂しさを感じた。 夢の中でもいいです。 父さん、もう一度相撲を取ってください。
佳作 【村山由佳賞】

【村山由佳賞】 篠原正子さん (65歳/佐賀県)

あんたが先に逝かんと、母ちゃんオチオチ旅立たれんばい。
どがんね、いっちょん家に帰らんごとなったばってん、施設のみんなと仲良く働いとるね。
障害に負けんで仲間と協力して行かなんよ。
母ちゃんも亀じゃなかっちゃけ いつまってん生きられん。
四十過ぎてもあんたは純粋の塊り、おっちゃん天使!
いつになったらよいしょっと背中からあんたを降ろせるんだろうね。
神様、この大切な預かりもの、私より一日早く受取りに来てくれんじゃろか。

あんたが先に逝かんと、母ちゃんオチオチ旅立たれんばい。 どがんね、いっちょん家に帰らんごとなったばってん、 施設のみんなと仲良く働いとるね。 障害に負けんで仲間と協力して行かなんよ。 母ちゃんも亀じゃなかっちゃけ いつまってん生きられん。 四十過ぎてもあんたは純粋の塊り、おっちゃん天使! いつになったらよいしょっと背中からあんたを降ろせるんだろうね。 神様、この大切な預かりもの、 私より一日早く受取りに来てくれんじゃろか

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

あんたが先に逝かんと、母ちゃんオチオチ旅立たれんばい。 どがんね、いっちょん家に帰らんごとなったばってん、 施設のみんなと仲良く働いとるね。 障害に負けんで仲間と協力して行かなんよ。 母ちゃんも亀じゃなかっちゃけ いつまってん生きられん。 四十過ぎてもあんたは純粋の塊り、おっちゃん天使! いつになったらよいしょっと背中からあんたを降ろせるんだろうね。 神様、この大切な預かりもの、 私より一日早く受取りに来てくれんじゃろか
佳作 【堺屋太一賞】

【堺屋太一賞】 前田研一さん (15歳/福岡県)

僕はベートーベンの曲が好きだ。
彼は難聴など多くの困難を経て、多くの名曲を残した。
僕も、これから多くの困難に直面するだろう。
でも、人生は激しく速く進む時もあれば、悲愴的でゆっくり進む時もあってもいいものだと思う。
未来の自分へ。
どんな事があっても「前田研一」という曲を完成させ、世に残る名曲にしてください。

僕はベートーベンの曲が好きだ。 彼は難聴など多くの困難を経て、多くの名曲を残した。 僕も、これから多くの困難に直面するだろう。 でも、人生は激しく速く進む時もあれば、 悲愴的でゆっくり進む時もあってもいいものだと思う。 未来の自分へ。 どんな事があっても「前田研一」という曲を完成させ、 世に残る名曲にしてください。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

僕はベートーベンの曲が好きだ。 彼は難聴など多くの困難を経て、多くの名曲を残した。 僕も、これから多くの困難に直面するだろう。 でも、人生は激しく速く進む時もあれば、 悲愴的でゆっくり進む時もあってもいいものだと思う。 未来の自分へ。 どんな事があっても「前田研一」という曲を完成させ、 世に残る名曲にしてください。
佳作

季平 燈さん (7歳/広島県)

「かえるって言ってもかえるいえは、雨でこわされて、もうないのよ。」ってなん回もおこられるひいばあちゃん。
わたしもおこられたらかなしいから、きっとおばあちゃんもかなしいよね。
にんちしょうがなおるおくすりができますように。
そしたらなん回も同じことを、言っておこられないのになあ。
わたしのなまえもおぼえてくれるのになあ。

「かえるって言ってもかえるいえは、雨でこわされて、もうないのよ。」 ってなん回もおこられるひいばあちゃん。 わたしもおこられたらかなしいから、きっとおばあちゃんもかなしいよね。 にんちしょうがなおるおくすりができますように。 そしたらなん回も同じことを、言っておこられないのになあ。 わたしのなまえもおぼえてくれるのになあ。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

「かえるって言ってもかえるいえは、雨でこわされて、もうないのよ。」 ってなん回もおこられるひいばあちゃん。 わたしもおこられたらかなしいから、きっとおばあちゃんもかなしいよね。 にんちしょうがなおるおくすりができますように。 そしたらなん回も同じことを、言っておこられないのになあ。 わたしのなまえもおぼえてくれるのになあ。
佳作

佐藤 梓さん (11歳/奈良県)

ダンス大好きな三人が公園で遊んでいると、老人会の皆さんが花見をしていました。
「こっちにおいでー」と声がかかったので私達は皆さんと一緒に歌ったりおどったりしました。
そしてキャンディーズと言う名前ももらいました。
「来年も来てね。」
私達はいっぱい練習して次の年も老人会に行きました。
大拍手をもらって帰る時、友達が「来年まで生きててね。」
「それは約束出来へんで。」と言いました。
来年も、皆さんに元気で会えますように。

ダンス大好きな三人が公園で遊んでいると、 老人会の皆さんが花見をしていました。 「こっちにおいでー」 と声がかかったので私達は皆さんと一緒に歌ったりおどったりしました。 そしてキャンディーズと言う名前ももらいました。 「来年も来てね。」 私達はいっぱい練習して次の年も老人会に行きました。 大拍手をもらって帰る時、友達が「来年まで生きててね。」 「それは約束出来へんで。」と言いました。 来年も、皆さんに元気で会えますように。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

ダンス大好きな三人が公園で遊んでいると、 老人会の皆さんが花見をしていました。 「こっちにおいでー」 と声がかかったので私達は皆さんと一緒に歌ったりおどったりしました。 そしてキャンディーズと言う名前ももらいました。 「来年も来てね。」 私達はいっぱい練習して次の年も老人会に行きました。 大拍手をもらって帰る時、友達が「来年まで生きててね。」 「それは約束出来へんで。」と言いました。 来年も、皆さんに元気で会えますように。
佳作

小網いつきさん (21歳/岩手県)

じいちゃんの鼓動がまっすぐになった時ね、私、これは何のドラマやねんって思ったんだよ。
心の空白は、時と共に広がりました。
もうじいちゃん楽にしてやってよって思ってたからさ、引き止められなかった。
国体予選、インカレ、全日本
私は勝負に挑む時、行ける時は、必ずじいちゃんに会いに行きます。
ぼんず(坊主)にも彼氏ができたよ。
ぼんずはぼんずらしく。
今日もまた、男に間違えられてるよ。
東京2020
色黒も色白も関係ねえ。
最速の女になるでよ、てっぺんの景色を見る予定だからさ、もう少しそばにいてね。
     21歳 女 カヌーばか

じいちゃんの鼓動がまっすぐになった時ね、 私、これは何のドラマやねんって思ったんだよ。 心の空白は、時と共に広がりました。 もうじいちゃん楽にしてやってよって思ってたからさ、引き止められなかった。 国体予選、インカレ、全日本 私は勝負に挑む時、行ける時は、必ずじいちゃんに会いに行きます。 ぼんず(坊主)にも彼氏ができたよ。ぼんずはぼんずらしく。 今日もまた、男に間違えられてるよ。 東京2020 色黒も色白も関係ねえ。 最速の女になるでよ、てっぺんの景色を見る予定だからさ、 もう少しそばにいてね。                           21歳 女 カヌーば

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

じいちゃんの鼓動がまっすぐになった時ね、 私、これは何のドラマやねんって思ったんだよ。 心の空白は、時と共に広がりました。 もうじいちゃん楽にしてやってよって思ってたからさ、引き止められなかった。 国体予選、インカレ、全日本 私は勝負に挑む時、行ける時は、必ずじいちゃんに会いに行きます。 ぼんず(坊主)にも彼氏ができたよ。ぼんずはぼんずらしく。 今日もまた、男に間違えられてるよ。 東京2020 色黒も色白も関係ねえ。 最速の女になるでよ、てっぺんの景色を見る予定だからさ、 もう少しそばにいてね。                           21歳 女 カヌーば
佳作

高橋良昌さん (59歳/山口県)

おかちゃんよ、俺が栃木を離れ、山口で結婚しちまった時、この世の終わりみてえに田んぼで大泣きしていたそうだな。
けどおかちゃんが倒れてからは、毎月顔を見せてるべ。
おかちゃんの黄ばんだ白目とうす茶の黒目がゆるゆる滲んで俺を見る。
俺が右へ動けばその眼が右へ。
左へ動けば左へ。
これ以上なにかを願うなんて、贅沢な気もするが、できるもんならおかちゃんの眼に映る俺の姿が昔のまんまの自慢の息子であってほしい。

おかちゃんよ、俺が栃木を離れ、山口で結婚しちまった時、 この世の終わりみてえに田んぼで大泣きしていたそうだな。 けどおかちゃんが倒れてからは、毎月顔を見せてるべ。 おかちゃんの黄ばんだ白目とうす茶の黒目がゆるゆる滲んで俺を見る。 俺が右へ動けばその眼が右へ。 左へ動けば左へ。 これ以上なにかを願うなんて、贅沢な気もするが、 できるもんならおかちゃんの眼に映る俺の姿が 昔のまんまの自慢の息子であってほしい。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

おかちゃんよ、俺が栃木を離れ、山口で結婚しちまった時、 この世の終わりみてえに田んぼで大泣きしていたそうだな。 けどおかちゃんが倒れてからは、毎月顔を見せてるべ。 おかちゃんの黄ばんだ白目とうす茶の黒目がゆるゆる滲んで俺を見る。 俺が右へ動けばその眼が右へ。 左へ動けば左へ。 これ以上なにかを願うなんて、贅沢な気もするが、 できるもんならおかちゃんの眼に映る俺の姿が 昔のまんまの自慢の息子であってほしい。
佳作

中西千鶴さん (61歳/福岡県)

母の手をもう一度
そりゃ台湾から身一つで引き揚げてきたんだし、戦後死に物狂いで働いて三人の娘を育てたんだから、手は荒れ放題、甲にはシミがいっぱい。
仕方がなかったさ。
孫に「おばあちゃんの手は汚い」って言われて落ち込んでたね。
ごめん。
もし願いが叶うならお母さんの手をもう一度この手に包んで優しくマッサージしてあげたい。
高級クリームもぬったげる。
やさしくぬったげる。
たくさんぬったげる。

母の手をもう一度 そりゃ台湾から身一つで引き揚げてきたんだし、 戦後死に物狂いで働いて三人の娘を育てたんだから、 手は荒れ放題、甲にはシミがいっぱい。 仕方がなかったさ。 孫に「おばあちゃんの手は汚い」って言われて落ち込んでたね。 ごめん。 もし願いが叶うならお母さんの手をもう一度この手に包んで 優しくマッサージしてあげたい。 高級クリームもぬったげる。 やさしくぬったげる。 たくさんぬったげる

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

母の手をもう一度 そりゃ台湾から身一つで引き揚げてきたんだし、 戦後死に物狂いで働いて三人の娘を育てたんだから、 手は荒れ放題、甲にはシミがいっぱい。 仕方がなかったさ。 孫に「おばあちゃんの手は汚い」って言われて落ち込んでたね。 ごめん。 もし願いが叶うならお母さんの手をもう一度この手に包んで 優しくマッサージしてあげたい。 高級クリームもぬったげる。 やさしくぬったげる。 たくさんぬったげる
佳作

高橋順男さん (78歳/兵庫県)

愛車よ 免許よ ありがとう!

遂に免許を返納しました。
五十数年間、何とか無事故、無違反で運転をして参りましたが、最近、運転中、ふと、車のスピードに不安を感じることがあり、決心致しました。
とうとう車屋さんが愛車を引き取りに来ました。
私は愛車を見送った後、家内に隠れて泣いてしまいました。
自分の息子が去って行く気持でした。
どうか愛車を大切にして下さる人に引き取って頂ける様、一生懸命祈ります。
愛車よ 元気で! 愛車よ ありがとう!

愛車よ 免許よ ありがとう!  遂に免許を返納しました。 五十数年間、何とか無事故、無違反で運転をして参りましたが、 最近、運転中、ふと、車のスピードに不安を感じることがあり、 決心致しました。 とうとう車屋さんが愛車を引き取りに来ました。 私は愛車を見送った後、家内に隠れて泣いてしまいました。 自分の息子が去って行く気持でした。 どうか愛車を大切にして下さる人に引き取って頂ける様、 一生懸命祈ります。 愛車よ 元気で! 愛車よ ありがとう!

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

愛車よ 免許よ ありがとう!  遂に免許を返納しました。 五十数年間、何とか無事故、無違反で運転をして参りましたが、 最近、運転中、ふと、車のスピードに不安を感じることがあり、 決心致しました。 とうとう車屋さんが愛車を引き取りに来ました。 私は愛車を見送った後、家内に隠れて泣いてしまいました。 自分の息子が去って行く気持でした。 どうか愛車を大切にして下さる人に引き取って頂ける様、 一生懸命祈ります。 愛車よ 元気で! 愛車よ ありがとう!
佳作

大石美恵子さん (93歳/東京都)

私は来る九月には九四歳を迎える老婆でございます。
少しばかり同年輩の方よりは元気に見えるらしいです。
現在ひとり暮らしの生活をしていますが、炊事、掃除、洗濯等、人手を全然借りずに毎日こなしています。
スポーツ大好き婆さんで、子供の頃は軟式野球等で、男の子の中に混って楽しんでいました。
私の一番の願いは、どんなチームでもよいから始球式で投げてみたい。
ノーバウンドでキャッチャーのミットへ投げ込む自信があります。

私は来る九月には九四歳を迎える老婆でございます。 少しばかり同年輩の方よりは元気に見えるらしいです。 現在ひとり暮らしの生活をしていますが、 炊事、掃除、洗濯等、人手を全然借りずに毎日こなしています。 スポーツ大好き婆さんで、子供の頃は軟式野球等で、 男の子の中に混ざって楽しんでいました。 私の一番の願いは、どんなチームでもよいから始球式で投げてみたい。 ノーバウンドでキャッチャーのミットへ投げ込む自信があります

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

私は来る九月には九四歳を迎える老婆でございます。 少しばかり同年輩の方よりは元気に見えるらしいです。 現在ひとり暮らしの生活をしていますが、 炊事、掃除、洗濯等、人手を全然借りずに毎日こなしています。 スポーツ大好き婆さんで、子供の頃は軟式野球等で、 男の子の中に混ざって楽しんでいました。 私の一番の願いは、どんなチームでもよいから始球式で投げてみたい。 ノーバウンドでキャッチャーのミットへ投げ込む自信があります

日本郵便大賞

日本郵便大賞

小塚隼翔さん (8歳/愛知県)

こうきくんが引っこしたのがさみしいよ。
すごーくたまに遊べるけど、もっと一緒にブランコに乗りたいよ。
だから、タンポポのわた毛につかまって、とんでいきたいな、とか、虹のすべりだいでいけないかな?とか、がんばって歩くから、ネコが道しるべしてくれないかな?とか考えてるよ。
ぼくのねがいは、ぼくの心の中のさみしいを消してもらうことです。
毎日毎日会いたいと思いすぎて さみしいにおぼれそうです。

こうきくんが引っこしたのがさみしいよ。すごーくたまに遊べるけど、 もっと一緒にブランコに乗りたいよ。 だから、タンポポのわた毛につかまって、とんでいきたいな、とか、 虹のすべりだいでいけないかな? とか、がんばって歩くから、 ネコが道しるべしてくれないかな? とか考えてるよ。 ぼくのねがいは、ぼくの心の中のさみしいを消してもらうことです。 毎日毎日会いたいと思いすぎて さみしいにおぼれそうです

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

こうきくんが引っこしたのがさみしいよ。すごーくたまに遊べるけど、 もっと一緒にブランコに乗りたいよ。 だから、タンポポのわた毛につかまって、とんでいきたいな、とか、 虹のすべりだいでいけないかな? とか、がんばって歩くから、 ネコが道しるべしてくれないかな? とか考えてるよ。 ぼくのねがいは、ぼくの心の中のさみしいを消してもらうことです。 毎日毎日会いたいと思いすぎて さみしいにおぼれそうです
日本郵便大賞

沖村瑠奈さん (17歳/兵庫県)

貴方の恋が実りますように。
私のアドバイスが役に立ちますように。
気の合う女友達だった私の気持ちなんて一生知りませんように。
重量オーバーで62円じゃ配達できないからって、この恋が私の所に戻ってきませんように。
このハガキが貴方に届きませんように。
貴方が幸せでありますように。
これからもずっと、いいお友達でいましょう。
でも来世は貴方が私を好きになる番です。
さようなら、好きだったよ。

貴方の恋が実りますように。 私のアドバイスが役に立ちますように。 気の合う女友達だった私の気持ちなんて一生知りませんように。 重量オーバーで62円じゃ配達できないからって、 この恋が私の所に戻ってきませんように。 このハガキが貴方に届きませんように。 貴方が幸せでありますように。 これからもずっと、いいお友達でいましょう。 でも来世は貴方が私を好きになる番です。 さようなら、好きだったよ。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

貴方の恋が実りますように。 私のアドバイスが役に立ちますように。 気の合う女友達だった私の気持ちなんて一生知りませんように。 重量オーバーで62円じゃ配達できないからって、 この恋が私の所に戻ってきませんように。 このハガキが貴方に届きませんように。 貴方が幸せでありますように。 これからもずっと、いいお友達でいましょう。 でも来世は貴方が私を好きになる番です。 さようなら、好きだったよ。
日本郵便大賞

河田真子さん (33歳/奈良県)

神様がえこひいきをしている。
私ばかり幸せで、大変なことになっている。
主に腹が。
はじめましてから40%増量し、服のサイズがMからXLに進化した私に「太ってても一番かわいいよ」と言ってお菓子をくれる彼。
「2人で長生きしよう!」と一緒にダイエットにはげみ、見事自分だけ20kgやせた彼。
あぁ、私の有り余る幸せを横流ししたい。
私のとなりでぶかぶかの服を着ている彼に XLサイズの幸福を。

神様がえこひいきをしている。 私ばかり幸せで、大変なことになっている。 主に腹が。 はじめましてから40%増量し、服のサイズがMからXLに進化した私に 「太ってても一番かわいいよ」と言ってお菓子をくれる彼。 「2人で長生きしよう!」と一緒にダイエットにはげみ、 見事自分だけ20㎏やせた彼。 ああ、私の有り余る幸せを横流ししたい。 私のとなりでぶかぶかの服を着ている彼に XLサイズの幸福を

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

神様がえこひいきをしている。 私ばかり幸せで、大変なことになっている。 主に腹が。 はじめましてから40%増量し、服のサイズがMからXLに進化した私に 「太ってても一番かわいいよ」と言ってお菓子をくれる彼。 「2人で長生きしよう!」と一緒にダイエットにはげみ、 見事自分だけ20㎏やせた彼。 ああ、私の有り余る幸せを横流ししたい。 私のとなりでぶかぶかの服を着ている彼に XLサイズの幸福を
日本郵便大賞

大内田華恵さん (45歳/福岡県)

2月14日 最高にワクワクドキドキした
小学生と中学生の娘達の楽しい話をききながら夕飯の準備
いつもどおりパパからメール
5:45 「52分の特急で帰ります」
  46 「了解」
  48  救急車要請心肺停止 急性心筋梗塞

神さま、どうか「了解」と返した時間にパパの隣に座らせてください
大きな手をぎゅっと握り 今日はどんなに楽しい日だったか話します
パパのチョコもかわいく上手にできてるよ
痙攣(けいれん)する時も、床に倒れるその時も ぎゅっと 力強く握らせてください

2月14日 最高にワクワクドキドキした 小学生と中学生の娘達の楽しい話をききながら夕飯の準備 いつもどおりパパからメール 5:45 「52分の特急で帰ります」   46 「了解」   48  救急車要請心肺停止 急性心筋梗塞  神さま、どうか「了解」と返した時間にパパの隣に座らせてください 大きな手をぎゅっと握り 今日はどんなに楽しい日だったか話します パパのチョコもかわいく上手にできてるよ 痙攣けいれんする時も、床に倒れるその時も ぎゅっと力強く握らせてくださ

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

2月14日 最高にワクワクドキドキした 小学生と中学生の娘達の楽しい話をききながら夕飯の準備 いつもどおりパパからメール 5:45 「52分の特急で帰ります」   46 「了解」   48  救急車要請心肺停止 急性心筋梗塞  神さま、どうか「了解」と返した時間にパパの隣に座らせてください 大きな手をぎゅっと握り 今日はどんなに楽しい日だったか話します パパのチョコもかわいく上手にできてるよ 痙攣けいれんする時も、床に倒れるその時も ぎゅっと力強く握らせてくださ
日本郵便大賞

栗山亜希絵さん (45歳/岐阜県)

母が逝き、父も病に倒れて、あれよあれよという間に実家を売りに出す事になった。
もうあの重たい玄関ドアを開けて、「ただいま」という事はないのだな。
当たり前のように今年も、この住所宛てに年賀状を出すのだと思っていた。
今まで、私達家族を包んで、見守ってきてくれて、ありがとう。
勝手な願いではあるけれど、新しくこの家に暮らす人達が、良い人でありますように。
どうかまた末長く、仲良くやっていってね。
大切な、私の生家よ。

母が逝き、父も病に倒れて、あれよあれよという間に 実家を売りに出す事になった。 もうあの重たい玄関ドアを開けて、「ただいま」という事はないのだな。 当たり前のように今年も、この住所宛てに年賀状を出すのだと思っていた。 今まで、私達家族を包んで、見守ってきてくれて、ありがとう。 勝手な願いではあるけれど、新しくこの家に暮らす人達が、 良い人でありますように。 どうかまた末長く、仲良くやっていってね。 大切な、私の生家よ。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

母が逝き、父も病に倒れて、あれよあれよという間に 実家を売りに出す事になった。 もうあの重たい玄関ドアを開けて、「ただいま」という事はないのだな。 当たり前のように今年も、この住所宛てに年賀状を出すのだと思っていた。 今まで、私達家族を包んで、見守ってきてくれて、ありがとう。 勝手な願いではあるけれど、新しくこの家に暮らす人達が、 良い人でありますように。 どうかまた末長く、仲良くやっていってね。 大切な、私の生家よ。
日本郵便大賞

竹内 裕さん (64歳/東京都)

高校のバスケットの合宿で学校に一泊。
すると父が重箱いっぱいのおはぎを持って来た。
私は恥かしくて直ぐに追い返してしまった。
なぜかおはぎが恥かしかった。
選手ではなく補欠だった事を内緒にしていた。
父はその事を知っていて私を励まそうと届けてくれたのだ。
母の大きなおはぎ、特別な日のご馳走だった。
あれから四十八年、おはぎを見ると思い出す。
あの時の尖った自分が恥かしい。
一言主の神様 亡き父と母に「あの時はごめんね」と伝えて下さい。

高校のバスケットの合宿で学校に一泊。 すると父が重箱いっぱいのおはぎを持って来た。 私は恥ずかしくて直ぐに追い返してしまった。 なぜかおはぎが恥かしかった。 選手ではなく補欠だった事を内緒にしていた。 父はその事を知っていて私を励まそうと届けてくれたのだ。 母の大きなおはぎ、特別な日のご馳走だった。 あれから四十八年、おはぎを見ると思い出す。 あの時の尖った自分が恥ずかしい。 一言主の神様 亡き父と母に「あの時はごめんね」と伝えて下さい

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

高校のバスケットの合宿で学校に一泊。 すると父が重箱いっぱいのおはぎを持って来た。 私は恥ずかしくて直ぐに追い返してしまった。 なぜかおはぎが恥かしかった。 選手ではなく補欠だった事を内緒にしていた。 父はその事を知っていて私を励まそうと届けてくれたのだ。 母の大きなおはぎ、特別な日のご馳走だった。 あれから四十八年、おはぎを見ると思い出す。 あの時の尖った自分が恥ずかしい。 一言主の神様 亡き父と母に「あの時はごめんね」と伝えて下さい
日本郵便大賞

阿部俊彦さん (74歳/兵庫県)

大学予備校に通っていた君。
真剣な顔で、「僧侶になる」と言い出した時は驚いたよ。
君なりに考え抜いた結論という事でもあり、紀州・高野山に修行の場を得て、私達のもとを旅立った。
家族に何が起きても下山できないという定めを知り私も母さんも、宵っ張りの兄貴までもいつしか健康的な生活を心掛ける様になった。
心配もしたが読経と戒律の中で過す生活も残り少なくなった。
無事に成就して欲しい。
下山の暁には、法衣にも似合う腕時計を贈ろう 父。

大学予備校に通っていた君。 真剣な顔で、「僧侶になる」と言い出した時は驚いたよ。 君なりに考え抜いた結論という事でもあり、 紀州・高野山に修行の場を得て、私達のもとを旅立った。 家族に何が起きても下山できないという定めを知り 私も母さんも、宵っ張りの兄貴までも いつしか健康的な生活を心掛ける様になった。 心配もしたが 読経と戒律の中で過す生活も残り少なくなった。 無事に成就して欲しい。 下山の暁には、法衣にも似合う腕時計を贈ろう 父。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

大学予備校に通っていた君。 真剣な顔で、「僧侶になる」と言い出した時は驚いたよ。 君なりに考え抜いた結論という事でもあり、 紀州・高野山に修行の場を得て、私達のもとを旅立った。 家族に何が起きても下山できないという定めを知り 私も母さんも、宵っ張りの兄貴までも いつしか健康的な生活を心掛ける様になった。 心配もしたが 読経と戒律の中で過す生活も残り少なくなった。 無事に成就して欲しい。 下山の暁には、法衣にも似合う腕時計を贈ろう 父。
日本郵便大賞

二見順雄さん (78歳/宮崎県)

非日常的なでき事に出会うと、子供の頃から言葉が出ない私。
先程の西日本の大災害。
「だ・だ・だ・大・す・す・水害。だ・だ・大丈夫で・で・す・か」
まるで機関銃だ。やはり、電話は無理だ。
それで葉書作戦。
「大水害大丈夫ですか」と身内にすらすら書け「あたり前の暮らしに、早く戻れますように」と心からの願いも書けた。
ひとことの願いを込めた一枚の葉書の重み。
うれしかった。

非日常的なでき事に出会うと、子供の頃から言葉が出ない私。 先程の西日本の大災害。 「だ・だ・だ・大・す・す・水害。だ・だ・大丈夫で・で・す・か」 まるで機関銃だ。やはり、電話は無理だ。 それで葉書作戦。「大水害大丈夫ですか」と身内にすらすら書け 「あたり前の暮らしに、早く戻れますように」と心からの願いも書けた。 ひとことの願いを込めた一枚の葉書の重み。うれしかった

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

非日常的なでき事に出会うと、子供の頃から言葉が出ない私。 先程の西日本の大災害。 「だ・だ・だ・大・す・す・水害。だ・だ・大丈夫で・で・す・か」 まるで機関銃だ。やはり、電話は無理だ。 それで葉書作戦。「大水害大丈夫ですか」と身内にすらすら書け 「あたり前の暮らしに、早く戻れますように」と心からの願いも書けた。 ひとことの願いを込めた一枚の葉書の重み。うれしかった
日本郵便大賞

長谷川雍子さん (84歳/北海道)

いつも乗るバス停の向い側のアパートからはじける様に、4、5才の男の子がとび出してくる。
母親のさしかける傘から逃げ回り水溜りをスキップする。
空に向い大きく口をあけ雪をたべようとする
支援施設のバスが来ると母親はいつ迄も手を振り 深く一礼して帰ってゆく
親子は私がいつもみつめている事を知らない
私の一日をこんなにも明るくしてくれている事も知らない
そして私が二人の幸せを祈っている事も。

いつも乗るバス停の向い側のアパートからはじける様に、 4、5才の男の子がとび出してくる。 母親のさしかける傘から逃げ回り水溜りをスキップする。 空に向い大きく口をあけ雪をたべようとする 支援施設のバスが来ると母親はいつ迄も手を振り 深く一礼して帰ってゆく 親子は私がいつもみつめている事を知らない 私の一日をこんなにも明るくしてくれている事も知らない そして私が二人の幸せを祈っている事も。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

いつも乗るバス停の向い側のアパートからはじける様に、 4、5才の男の子がとび出してくる。 母親のさしかける傘から逃げ回り水溜りをスキップする。 空に向い大きく口をあけ雪をたべようとする 支援施設のバスが来ると母親はいつ迄も手を振り 深く一礼して帰ってゆく 親子は私がいつもみつめている事を知らない 私の一日をこんなにも明るくしてくれている事も知らない そして私が二人の幸せを祈っている事も。
日本郵便大賞

渡邊豊彦さん (91歳/京都府)

「一言の願い」この文字は、わしの心を捉らえよった。
「願い」は、すぐ、頭にきた。
それは賞金、お金だすわ。
大阪に生まれて九十歳。
嫁はんに先だたれて、一人さびしく、わずかな年金で暮らす身は、うまい物でも食べることだけが、生き甲斐。
夢に、〝うなぎ〟が出てきよっても、夢が醒めたらパー。
こんなこと書いたら選に洩れるやろけど、まァええ。
洩れても書かずにはおれん。
…呆けたんやろか? 近頃…。わしにはわからん。

「一言の願い」この文字は、わしの心を捉えよった。 「願い」は、すぐ、頭にきた。それは賞金、お金だすわ。 大阪に生まれて九十歳。 嫁はんに先だたれて、一人さびしく、わずかな年金で暮らす身は、 うまい物でも食べることだけが、生き甲斐。 夢に、〝うなぎ〟が出てきよっても、夢が醒めたらパー。 こんなこと書いたら選に洩れるやろけど、まァええ。 洩れても書かずにはおれん。…呆けたんやろか? 近頃…。 わしにはわからん。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

「一言の願い」この文字は、わしの心を捉えよった。 「願い」は、すぐ、頭にきた。それは賞金、お金だすわ。 大阪に生まれて九十歳。 嫁はんに先だたれて、一人さびしく、わずかな年金で暮らす身は、 うまい物でも食べることだけが、生き甲斐。 夢に、〝うなぎ〟が出てきよっても、夢が醒めたらパー。 こんなこと書いたら選に洩れるやろけど、まァええ。 洩れても書かずにはおれん。…呆けたんやろか? 近頃…。 わしにはわからん。

郵便名柄館賞

郵便名柄館賞

田代悠太さん (10歳/宮城県)

去年八月三十日呼吸困難になり救急車で運ばれ入院したママに「いつ退院できる。九月二十一日僕の誕生日には家に帰って来れるよね。」と聞いたら「うーん、頑張るからね。」と答えてくれました。
九月十六日天国へ旅立ち二十一日は葬儀になりました。
ママは胆管ガンと闘っていたのです。
僕は祭壇の前でガンで苦しんでいる人を一人でも救ってあげられる医者になることをちかいました。
僕は負けないよ、頑張るからね見守ってください。

去年八月三十日呼吸困難になり救急車で運ばれ入院したママに 「いつ退院できる。九月二十一日 僕の誕生日には家に帰って来れるよね。」と聞いたら 「うーん、頑張るからね。」と答えてくれました。 九月十六日天国へ旅立ち二十一日は葬儀になりました。 ママは胆管ガンと闘っていたのです。 僕は祭壇の前でガンで苦しんでいる人を一人でも 救ってあげられる医者になることをちかいました。 僕は負けないよ、頑張るからね見守ってください

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

去年八月三十日呼吸困難になり救急車で運ばれ入院したママに 「いつ退院できる。九月二十一日 僕の誕生日には家に帰って来れるよね。」と聞いたら 「うーん、頑張るからね。」と答えてくれました。 九月十六日天国へ旅立ち二十一日は葬儀になりました。 ママは胆管ガンと闘っていたのです。 僕は祭壇の前でガンで苦しんでいる人を一人でも 救ってあげられる医者になることをちかいました。 僕は負けないよ、頑張るからね見守ってください
郵便名柄館賞

中井宏樹さん (23歳/滋賀県)

「あんたは、ほんまにかわいいなあ」
物心ついた時から母に言われてきた言葉。
最近は「23歳にもなって、かわいいはないわな。でもようできた顔やで」と。
でも残念ながら僕は生まれたすぐに病気になって、ほとんど目が見えない。
「俺よりおまえの方が顔は勝ってるかもな」と兄も言うからまんざらでもないのか?
もし願いがかなうなら、一度でいいから自分の顔を見てみたい。
〝どれくらい 僕は イケてるのか?〟

「あんたは、ほんまにかわいいなあ」 物心ついた時から母に言われてきた言葉。最近は 「23歳になってかわいいはないわな。でもようできた顔やで」と。 でも残念ながら僕は生まれたすぐに病気になって、 ほとんど目が見えない。 「俺よりおまえの方が顔は勝ってるかもな」と兄も言うから まんざらでもないのか? もし願いがかなうなら、一度でいいから自分の顔を見てみたい。 〝どれくらい僕は イケてるのか?

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

「あんたは、ほんまにかわいいなあ」 物心ついた時から母に言われてきた言葉。最近は 「23歳になってかわいいはないわな。でもようできた顔やで」と。 でも残念ながら僕は生まれたすぐに病気になって、 ほとんど目が見えない。 「俺よりおまえの方が顔は勝ってるかもな」と兄も言うから まんざらでもないのか? もし願いがかなうなら、一度でいいから自分の顔を見てみたい。 〝どれくらい僕は イケてるのか?
郵便名柄館賞

高橋昌子さん (27歳/山口県)

思春期の夏。
赤いサンダルと陽射しに似合うように、親に内緒で眉毛をいじり、口紅も塗ってこっそり出掛けようとした。
すると、台所でどくだみ茶を煎じていた、祖母がヤカンを見つめたままポツリと言った。
まあちゃん、顔の上にのせた化粧はすぐに剥げる。
化粧は心にするもんじゃ。
あれから十年。
今、教師として、なりふり構わず駆け回る私の心の化粧は色褪せてないか、剥げ落ちていないか、空の上から祖母に確かめてもらいたい。

思春期の夏。赤いサンダルと陽射しに似合うように、 親に内緒で眉毛をいじり、口紅も塗ってこっそり出掛けようとした。 すると、台所でどくだみ茶を煎じていた、祖母がヤカンを見つめたまま ポツリと言った。 まあちゃん、顔の上にのせた化粧はすぐに剥げる。 化粧は心にするもんじゃ。 あれから十年。今、教師として、なりふり構わず駆け回る 私の心の化粧は色褪せてないか、剥げ落ちていないか、 空の上から祖母に確かめてもらいたい

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

思春期の夏。赤いサンダルと陽射しに似合うように、 親に内緒で眉毛をいじり、口紅も塗ってこっそり出掛けようとした。 すると、台所でどくだみ茶を煎じていた、祖母がヤカンを見つめたまま ポツリと言った。 まあちゃん、顔の上にのせた化粧はすぐに剥げる。 化粧は心にするもんじゃ。 あれから十年。今、教師として、なりふり構わず駆け回る 私の心の化粧は色褪せてないか、剥げ落ちていないか、 空の上から祖母に確かめてもらいたい
郵便名柄館賞

小川亜衣子さん (39歳/広島県)

ポストさんへ。
こちらなら想いが届くと思いお便りを投函しました。
私は、あなたを見ると心が安心します。
4年前の豪雨で、広島土砂災害が起きた時、ポストさんの姿を見る事ができなくなりました。
時がたち、いつもの場所に、ポストさんが帰ってきている姿を見て、希望の光を見つけ、心と体のバランスが落ちついてきた様に思います。
ポストさんから今何が見えますか?
街が元気になっていく姿を、いつまでも見守っていて下さい。

ポストさんへ。こちらなら想いが届くと思いお便りを投函しました。 私は、あなたを見ると心が安心します。 4年前の豪雨で、広島土砂災害が起きた時、 ポストさんの姿を見る事ができなくなりました。 時がたち、いつもの場所に、ポストさんが帰ってきている姿を見て、 希望の光を見つけ、心と体のバランスが落ちついてきた様に思います。 ポストさんから今何が見えますか? 街が元気になっていく姿を、いつまでも見守っていて下さい

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

ポストさんへ。こちらなら想いが届くと思いお便りを投函しました。 私は、あなたを見ると心が安心します。 4年前の豪雨で、広島土砂災害が起きた時、 ポストさんの姿を見る事ができなくなりました。 時がたち、いつもの場所に、ポストさんが帰ってきている姿を見て、 希望の光を見つけ、心と体のバランスが落ちついてきた様に思います。 ポストさんから今何が見えますか? 街が元気になっていく姿を、いつまでも見守っていて下さい
郵便名柄館賞

大沢あや子さん (40歳/千葉県)

主人へ
ヘリコプターでの救助活動、いつもお疲れ様。
悪天候の日、風の強い日の山岳救助など、メールで一言、「おりた」の三文字を見るまでは、私も飛んでいるかのように落ちつきません。
願いはいつもたったひとつ、必ず無事に着陸して下さい。
生きていれば何でも笑い話しです。
そして登山に行かれる方へ…助けに行く救助隊も命がけです。
幼い我が子たちの成長を楽しみに日々頑張っているお父さん達なんです。
無理と過信はどうか禁物に。
     妻より

主人へ ヘリコプターでの救助活動、いつもお疲れ様。 悪天候の日、風の強い日の山岳救助など、メールで一言、 「おりた」の三文字を見るまでは、 私も飛んでいるかのように落ちつきません。 願いはいつもたったひとつ、必ず無事に着陸して下さい。 生きていれば、何でも笑い話しです。 そして登山に行かれる方へ…助けに行く救助隊も命がけです。 幼い我が子たちの成長を楽しみに日々頑張っているお父さん達なんです。 無理と過信はどうか禁物に。 妻より

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

主人へ ヘリコプターでの救助活動、いつもお疲れ様。 悪天候の日、風の強い日の山岳救助など、メールで一言、 「おりた」の三文字を見るまでは、 私も飛んでいるかのように落ちつきません。 願いはいつもたったひとつ、必ず無事に着陸して下さい。 生きていれば、何でも笑い話しです。 そして登山に行かれる方へ…助けに行く救助隊も命がけです。 幼い我が子たちの成長を楽しみに日々頑張っているお父さん達なんです。 無理と過信はどうか禁物に。 妻より
郵便名柄館賞

髙瀬優子さん (50歳/大分県)

育ての父へ
小2の夏休み、逆立ちを楽しんでいた私は
冒険心で何歩か進んでみた。
「ポキッ」
直角90度に手が折れた。
それは畳店を営んでいた育ての父のお楽しみの昼寝時の事だった。
父に恐る恐る「手が折れた…」と呟くと、飛び起きておんぶし病院まで鳥のようにして連れて行ってくれた。
その背中は海のように広くぬくもりに溢れていて心地良かったなあ。
本物の私の父を感じた時間、もう一度あの背中におぼれたい。

育ての父へ 小2の夏休み、逆立ちを楽しんでいた私は 冒険心で何歩か進んでみた。 「ポキッ」 直角90度に手が折れた。 それは畳店を営んでいた育ての父のお楽しみの昼寝時の事だった。 父に恐る恐る「手が折れた…」と呟くと、 飛び起きておんぶし病院まで鳥のようにして連れて行ってくれた。 その背中は海のように広くぬくもりに溢れていて心地良かったなあ。 本物の私の父を感じた時間、もう一度あの背中におぼれたい

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

育ての父へ 小2の夏休み、逆立ちを楽しんでいた私は 冒険心で何歩か進んでみた。 「ポキッ」 直角90度に手が折れた。 それは畳店を営んでいた育ての父のお楽しみの昼寝時の事だった。 父に恐る恐る「手が折れた…」と呟くと、 飛び起きておんぶし病院まで鳥のようにして連れて行ってくれた。 その背中は海のように広くぬくもりに溢れていて心地良かったなあ。 本物の私の父を感じた時間、もう一度あの背中におぼれたい
郵便名柄館賞

小昼裸足さん (59歳/東京都)

ようやく停年を迎えます。
女房から話があるのって言ってきた時、とうとう来たかと覚悟した。
思えば、これまで、家庭を顧みずガムシャラに働いてきた。
休みは接待ゴルフだと言って家にいることはなかった。
子供と遊んでやることもなかった。
その女房から、結婚指輪がキズだらけになったから、停年を機に新しいのを買いましょう、
そして、再出発しましょうと言ってきた。
ホッとした。
これからは、女房を大切にすることを誓います。
そして死ぬまで一緒にいてほしい。

ようやく停年を迎えます。 女房から話があるって言ってきた時、 とうとう来たかと覚悟した。 思えば、これまで、家庭を顧みずガムシャラに働いてきた。 休みは接待ゴルフだと言って家にいることはなかった。 子供と遊んでやることもなかった。 その女房から、結婚指輪がキズだらけになったから、 停年を機に新しいのを買いましょう、 そして、再出発しましょうと言ってきた。 ホッとした。 これからは女房を大切にすることを誓います。 そして、死ぬまで一緒にいてほしい

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

ようやく停年を迎えます。 女房から話があるって言ってきた時、 とうとう来たかと覚悟した。 思えば、これまで、家庭を顧みずガムシャラに働いてきた。 休みは接待ゴルフだと言って家にいることはなかった。 子供と遊んでやることもなかった。 その女房から、結婚指輪がキズだらけになったから、 停年を機に新しいのを買いましょう、 そして、再出発しましょうと言ってきた。 ホッとした。 これからは女房を大切にすることを誓います。 そして、死ぬまで一緒にいてほしい
郵便名柄館賞

秋野あけみさん (62歳/埼玉県)

娘の直美は四十歳。
重度の知的障害者で、私は今まで一度も「お母さん」と呼ばれたことがない。
私は深夜、直美の寝顔を見ながら、直美が眠りからさめたら「お母さん」と呼んでくれるのではと念じる。
でもその願いは直美の目覚めで消える。
それでも私は願う。
直美が私のお腹の内に忘れてきた言葉の種の一粒でも見つけたい。
直美、お母さんは今夜もお前の寝顔を見続けるよ。

娘の直美は四十歳。重度の知的障害者で、 私は今まで一度も「お母さん」と呼ばれたことがない。 私は深夜、直美の寝顔を見ながら、直美が眠りからさめたら 「お母さん」と呼んでくれるのではと念じる。 でもその願いは直美の目覚めで消える。 それでも私は願う。直美が私のお腹の内に忘れてきた 言葉の種の一粒でも見つけたい。 直美、お母さんは今夜もお前の寝顔を見続けるよ。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

娘の直美は四十歳。重度の知的障害者で、 私は今まで一度も「お母さん」と呼ばれたことがない。 私は深夜、直美の寝顔を見ながら、直美が眠りからさめたら 「お母さん」と呼んでくれるのではと念じる。 でもその願いは直美の目覚めで消える。 それでも私は願う。直美が私のお腹の内に忘れてきた 言葉の種の一粒でも見つけたい。 直美、お母さんは今夜もお前の寝顔を見続けるよ。
郵便名柄館賞

谷口 一さん (64歳/東京都)

「ティラノザウルスの体には羽毛が生えてたと思う?」
「トリケラトプスってどんな色してた?」
矢継ぎ早に質問がとんでくる。
敵はいろいろ調べているのだ。
そのたびにジジはつまる。
また、来週末に遊びにくるという。
ジュラ紀や白亜紀にとんでいき、
しっかり観察しライバルの鼻を明かしたい。

「ティラノザウルスの体には羽毛が生えてたと思う?」 「トリケラトプスってどんな色してた?」 矢継ぎ早に質問がとんでくる。 敵はいろいろ調べているのだ。 そのたびにジジはつまる。 また、来週末に遊びにくるという。 ジュラ紀や白亜紀にとんでいき、 しっかり観察しライバルの鼻を明かしたい。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

「ティラノザウルスの体には羽毛が生えてたと思う?」 「トリケラトプスってどんな色してた?」 矢継ぎ早に質問がとんでくる。 敵はいろいろ調べているのだ。 そのたびにジジはつまる。 また、来週末に遊びにくるという。 ジュラ紀や白亜紀にとんでいき、 しっかり観察しライバルの鼻を明かしたい。
郵便名柄館賞

松本重徳さん (72歳/兵庫県)

夕方の収集で巡回中のことだった。
小学生くらいの少女がポストの前でうつむき加減に手を合せていた。
「どうしたの?」と聞くと、仙台のおばあちゃんの容態が悪く心配で心配で、たった今はげましのお手紙を出したと言う。
「急いで届けるからね! きっと良くなる! がんばってね!」と声をかけた。
少女の大きな目にみるみる涙があふれてきた。
局へ帰りのハンドルを握りながら胸がいっぱいになった。
がんばってねと心から願わずにいられなかった。

夕方の収集で巡回中のことだった。 小学生くらいの少女がポストの前でうつむき加減に手を合せていた。 「どうしたの?」と聞くと、仙台のおばあちゃんの容態が悪く心配で心配で、 たった今はげましのお手紙を出したと言う。 「急いで届けるからね! きっと良くなる! がんばってね!」 と声をかけた。 少女の大きな目にみるみる涙があふれてきた。 局へ帰りのハンドルを握りながら胸がいっぱいになった。 がんばってねと心から願わずにいられなかった。

検索アイコンはがきをクリックすると拡大して表示されます

夕方の収集で巡回中のことだった。 小学生くらいの少女がポストの前でうつむき加減に手を合せていた。 「どうしたの?」と聞くと、仙台のおばあちゃんの容態が悪く心配で心配で、 たった今はげましのお手紙を出したと言う。 「急いで届けるからね! きっと良くなる! がんばってね!」 と声をかけた。 少女の大きな目にみるみる涙があふれてきた。 局へ帰りのハンドルを握りながら胸がいっぱいになった。 がんばってねと心から願わずにいられなかった。

作品集を希望される方へ

受賞作、最終候補作を収載した作品集が
NHK出版から刊行されています。
以下よりご購入いただけます。

お電話でのご購入

NHK出版お客様注文センター

電話番号
0570-000-321

(受付時間 9:30~17:30 / 年末年始を除く)

インターネットでのご購入